九州の辛子明太子。工場直送!焼酎漬け辛子明太子「徳平」スモーク明太子「博多ちょんまげ」辛子明太子「博多おっしょい」は下記のサイトからご購入頂けます。
九州明太子とくべい 徳平 九州明太子 徳平(とくべい) livedoorデパート店 博多おっしょい ビッダーズ店


博多カレンダー 博多のことなら何でもわかる。博多のうんちく満載!


博多の伝統行事やその習わし、由来、歴史、出来事などの詳しい内容を最下部で紹介しています。


11


1日 ★灯台記念日、計量記念日、鎮火祭、西日本菊花大会(〜20日ごろ)
2日
3日 文化の日 ★おおほりまつり、若八幡宮秋季大祭、もみじ祭り
4日 ユネスコ憲章記念日
5日
6日 野村望東尼忌
7日 立冬、一番亥(亥の子)、住吉神社歩射祭
8日
9日 太陽暦採用記念日、119番の日、大相撲九州場所初日
10日 秋の全国火災予防運動(〜15日)、立花実山没
11日 ★川上音二郎忌、世界平和記念日
12日 福岡市営地下鉄起工
13日
14日 七五三、せいもん払い(〜20日、予定)、山ほめ祭
15日
16日
17日 博多初の飛行
18日
19日 はやま行事(早魚の神事、〜20日)
20日 更衣祭
21日
22日 小雪、★松本治一郎没
23日 勤労感謝の日、新穀感謝祭
24日
25日 ハイビジョンの日
26日
27日 ★日本初の国際マラソン選手権
28日 税関記念日
29日
30日
31日

11月の伝統行事やその習わし、由来、歴史、出来事などのご紹介。

★おおほりまつり
(中央区西公園・大濠公園一帯)
藩政時代をしのぶ武者行列が呼び物。勇猛を誇った黒田25騎にふんした騎馬武者や少年武者、稚児行列が西公園から大濠公園を通りNHK福岡放送局まで練り歩き、鴻臚館で行われたといわれる外国使節の歓送迎の宴を再現した「荒津の舞」などが披露されます。草香江、簀子、当仁、福浜の4校区が協力して開催。

★川上音二郎
(元治元年・1864〜明治44年・1911)
博多の生んだ最初の大型役者にして一代の風雲児。中対馬小路(博多区古門戸町)の藍問屋に生まれ、14歳で上京。オッペケペー節で名をあげ、川上座を結成。3度の欧米巡業を行い、安価に演劇を提供する運動も起こしました。生誕の地の碑が古門戸町・沖浜稲荷。墓は博多駅前1丁目の承天寺にあります。

★松本治一郎
(明治20年・1887〜昭和41年・1966)
部落解放運動に専心し、「解放の父」と呼ばれた。23歳で実兄経営の土建業を手伝いつつ、部落解放運動に身を投じ、戦前は九州水平社委員長、全国水平社委員長を歴任、衆議院議員にも3回連続当選。戦後は部落解放全国委員会(後に部落解放同盟)を結成し中央委員長、参議院議員も4回連続当選しています。

★福岡で日本初の国際マラソン選手権開催
(昭和41年・1966)
昭和22年(1947)熊本で「朝日マラソン」としてスタート、ついで福岡市の平和台陸上競技場・雁ノ巣往復コースで行われていた「朝日国際マラソン」がこの年、日本初の国際マラソン選手権に指定されました。この大会の優勝はニュージーランドのマイク・ライアン。49年(1974)から「福岡国際マラソン」となりました。


★鎮火祭(愛宕神社・西区愛宕)
黒田2代藩主・忠之が始めた火災防止祈願の神事。昭和63年に復活。
★もみじ祭り(竈門神社・太宰府市)
野点茶会や奉納演芸が催されます。もみじの見ごろは20日ごろまで。
★ユネスコ憲章記念日
昭和21年(1946)のユネスコ(国連教育科学文化機関)憲章発効を記念。日本は26年(1951)7月2日に加盟しました。
★立冬
24節気の1つ。太陽の黄経が225度の時。詩歌の世界では、立春や立秋のように珍重されていないのは、ちょっとかわいそうですね。
★一番亥(亥の子)
旧暦10月最初の亥(い)の日。博多ではこの日から火鉢を入れました。
★歩射祭(住吉神社・博多区住吉)
勅使が疫病退散のため歩射した故事にならい、天地2本の矢を射ました。
★大相撲九州場所
名古屋場所に先立って昭和32年(1957)から本場所になりました。
★立花実山(明暦元年・1655〜宝永5年・1708)
福岡藩の家老。千利休の茶の精神をもとに福岡藩の茶道、南方流を生み出しました。書や和歌に長じ、禅寺も開基した当代随一の文化人でした。
★福岡市営地下鉄起工(昭和50年・1975)
西日本で初の地下鉄建設。1・2・3号線が完成。
★七五三
昔、博多では3歳の時、ひも解き祝(お膳座り)、5歳の男児は袴着の祝、7歳の男児はヘコかき祝、女児は湯文字かき祝の通過儀礼がありました。
★せいもん払い
誓文払い。福博最大の商いイベント。明治12年(1879)八尋利兵衛が福博27店の呉服店に呼びかけ、共同の宣伝や売り出しを行いました。
★山ほめ祭(志賀海神社・東区志賀島、県無形民俗文化財)
豊穣・豊漁を感謝し、神楽や山をほめる言葉を奉納します。
★博多で初めて飛行機が飛んだ(大正元年・1912)
明治44年、国産機(自作)で初飛行した奈良原三次は、第4号機・鳳号を使い、東京、広島に次いで福岡で飛行実演大会を開きました。
★早魚(はやま)の神事(志式神社・東区奈多、県無形民俗文化財)
福岡では珍しい海の祭。くじで選ばれた若者が3人1組で鯛をさばき、神に捧げる速さを競います。近年は奈多中央公民館で行われています。
★更衣祭(太宰府天満宮・太宰府市)
祭神・菅原道真公がこの日から冬の衣装に着替えます。
★小雪
立冬から15日目。本格的な冬はまだだが北国からは雪の便りも。
★勤労感謝の日
勤労を尊び、生産を祝い、国民が互いに感謝し合う日。
★新穀感謝祭(太宰府天満宮・太宰府市)
戦前はこの日、新穀感謝の「新嘗祭」の行事が行われていました。
★ハイビジョンの日
郵政省やNHKがハイビジョンの普及のため、走査線の数1125本にちなんで昭和62年(1987)に設けました。
★税関記念日
明治5年(1872)のこの日、それまでの「運上所」が「税関」と改称されたのを記念。昭和27年(1952)大蔵省(現財務省)が制定しました。

page top

九州の辛子明太子。工場直送!焼酎漬け辛子明太子「徳平」スモーク明太子「博多ちょんまげ」辛子明太子「博多おっしょい」は下記のサイトからご購入頂けます。
九州明太子とくべい 徳平 九州明太子 徳平(とくべい) livedoorデパート店 博多おっしょい ビッダーズ店